ホーム > 便秘 > 幼児の便秘解消は原因を知ることから

幼児の便秘解消は原因を知ることから

 

 

幼児の場合、便秘になるという印象がない方も多いようです。ですが、幼児でも便秘になることがあります。

 

幼児は自分で便秘ということを上手に伝えられないため、親が気をつけてあげなくてはいけません。

 

幼児の便秘の症状は、便が3日以上でないというのが基本ですが、お腹が張っていたり、機嫌が悪くなって食欲がなくなる、発熱や嘔吐などがあります。

 

幼児の便秘解消法にはいろいろなものがありますが、自分の体ではないので、どの方法が良いのかを選ぶのは難しいでしょう。

 

 

しかし幼児の便秘も大人と同様に、幼児によって原因があります。体に引き起こされる症状を改善するには、まず原因を知ることが肝心です。

 

 

便秘もその原因を知ることで、的確な対処ができるのであって、原因を追求しないまま対処をしても何の効果もありません。つまり、どんな便秘解消法が良いのかを知ろうとする前に、幼児がどうして便秘になってしまったのかを知る必要があるのです。

 

 

そして、その原因を取り除くこと、改善することが一番の便秘解消法になります。

 

 

特に幼児の場合だと、大人のように単に便秘薬を服用するということは出来ません。

 

 

 

内臓器官が未発達の状態なので、できるだけ自然に便秘解消させてあげることが、体に負担をかけないポイントになるのです。ですので、幼児の便秘解消は原因を知ることがとても重要なのです。オリゴ糖のシロップは便秘に効かないのはなぜ?