ホーム > 乳児湿疹 > 乳児湿疹ケアのコツ

乳児湿疹ケアのコツ

赤ちゃんのあせもは、主にお尻や背中そして首にできます。

お尻は衛生的にどうしても汚れやすいためです。

 

そして、背中は寝ているときに蒸れやすいからです。

首にできるあせもは、シワの部分に汗が溜まりやすいからです。

 

あせもは、基本的に肌の衛生状態を保つことで予防できます。

肌表面の細菌と汗によってあせもができるからです。

 

とくに首筋はあせも対策として、お風呂に入ったときにはきれいに洗うことが重要です。

そして、意外と気が付かないのが「よだれかけ」です。

 

よだれかけは、赤ちゃんの首の周りにまくように付けるわけですが、これが意外と蒸れやすいのです。

ですから赤ちゃんが寝ているときなど、よだれかけが不要な時には外しておくのも重要です。

 

また、よだれかけは出来るだけきれいに洗いましょう。

よだれかけに細菌が残っているようですと、あせもの原因になりかねません。

 

あと、服についても襟があったり、首周りに余計な装飾があるものは要注意です。

とくに暑い夏場などは注意が必要です。

 

寝るときに関しても、エアコンを使いたくないお母さんが多いようですがエアコンをつけない場合は日差しが当たらない箇所に寝かせるなどの配慮が必要です。

そして、入浴剤をつかうのもあせもに対しては有効です。

 

 

赤ちゃんはとても可愛いものですが、よく見ると顔にぽつぽつと赤みがかったにきびが出ている子どもも中にはいませんか。

これは乳児湿疹と言い、新生児の間はよく見られるものです。

赤ちゃんににきびが出来ると、母親は動揺してしまい、もしかして何か身体に起こっているのではないかと心配して、病院に受診するケースもありますが、これは次第に治るものですので、大事にはなりません。

 

アトピーではないかとも疑いますが、アトピーの症状は生後すぐには分からないものですので、一年ほどしないとはっきりと判明するのは難しいようです。

 

乳児湿疹が起こる原因としては、赤ちゃんは母親の胎内にいる時に、女性ホルモンの影響を受けますので、にきびなどが出来やすくなると言われています。

 

また、代謝が活発ですので、より酷くなったりすることもあるようです。

このにきびやあせもですが、毎日沐浴することで、症状は軽減します。

 

しっかりと石鹸であせもなどの部位を包み込むように洗い、保湿することが大事です。

ベビーローションなどを入浴後につけてあげるのも良いかも知れません。

 

石鹸であせもを洗うことに抵抗がある人もいますが、寝たきり患者のじょくそうケアなどでも、石鹸で患部を洗い、殺菌しますので、それと同じようなことだと考えてもらえればよいでしょう。

 

赤ちゃんは痒いと訴えることは不可能です。

 

そのため、常に清潔にして、あせもやにきびが出来にくいようにしてあげましょう。乳児湿疹にはファムズベビーがおすすめ